スポンサードリンク

2011年02月26日

ビジネス上のあいさつ

あいさつには色々な方法がありますよね。直接言葉で交わすあいさつ、文章で伝えるあいさつと。

方法を間違えると悪いほうに取られることもあるので注意しないといけません。

最近はメールでもあいさつ可能になりましたがこだわりのある人はメールでのあいさつは

あまり良い顔はしないでしょうね。

どの方法でも立場や場面、そして自分があいさつされる場合だったら許せるか許せないかを

考えながらあいさつするのが一番ではないでしょうか。私は仕事柄なるべく直接会って

あいさつをすることを心がけております。相手によっては電話やメールでいいよと言う人も

居るのですが、やはり直接会って色々な世間話などもしながらという方法が

一番コミュニケーションも取れるのではないでしょうか。私の場合ですが勤務先でまず、

おはようございますおはよう」のあいさつで始まり「1日よろしくお願いします」「行って来ます

お帰りなさい」「ただいま戻りました」「お疲れ様です」「お先に上がりますお先に失礼します」と

あいさつがあります。ただこれは基本的なあいさつです。

多いところではもっとあいさつをしていることでしょう。

そして日中は取引先などで「こんにちは」「お邪魔しますお邪魔しました」「よろしくお願いします

とあいさつ、あいさつの連続です。ちょっと思い出しただけでもこれだけのあいさつがあるのですから

スタッフ数、訪問数が多ければ多いほどあいさつを交わしてることでしょう。

これだけあいさつを交わしているとどこかの取引先ではちゃんとあいさつ出来ていたかな?とか

取引先の人は自分のあいさつをどのように評価しているのだろうか?

など気になることが時々出てきますね。
【関連する記事】
posted by yasu at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95747287

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。