スポンサードリンク

2011年02月25日

文書でのあいさつ

文章や文字でのあいさつって戸惑いませんか?会って言葉のやりとりとは違い「伝わるだろうか

とか「このあいさつの言い回しはあっているのかな」など色々考えてしまいますから。

辞書やあいさつ文例集など片手にあいさつ文を書いている方も多いでしょう。

一生懸命書き終えてホッとこれで終りだ〜なんてしているとまた同じようなあいさつ文を

書かなくてはならない状況に遭遇するなんてことも。それでまた辞書、あいさつ文例集を

片手に書くことになるのです。

普段それほど遭遇しないこのような場面で戸惑わないでいつもと同じような内容でスラスラと

あいさつ文が書ければ楽ですよね。

手紙、あいさつ文例集やネットなどで色々なあいさつ文は紹介されているでしょうが、

このような情報を集めて困らないあいさつ文を作れるよう私自身の経験も含めて紹介します。

まず一番遭遇しやすいのはビジネス上でのあいさつ文や仕事上での様々なあいさつになるでしょう。

無難なあいさつ文をケースごとに紹介します。


私自身もよく使うのがFAX送信ですね。メールも同じくらい使うのですが、用件だけが伝われば

それでいいのでは?と思うのですがみんな何かしらのあいさつ文が入っていますね。

例として「貴社、益々ご清栄の〜」と始まるあいさつ文。何度となく見ているでしょうけど

白紙の状況で書くことが出来るかというと不安ですよね。

相手からも全く同じあいさつ文が来て同じあいさつ文で返すのもおかしいですからね。
ラベル:ビジネス文書
【関連する記事】
posted by yasu at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス文書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。