スポンサードリンク

2011年02月26日

ビジネス上のあいさつ

あいさつには色々な方法がありますよね。直接言葉で交わすあいさつ、文章で伝えるあいさつと。

方法を間違えると悪いほうに取られることもあるので注意しないといけません。

最近はメールでもあいさつ可能になりましたがこだわりのある人はメールでのあいさつは

あまり良い顔はしないでしょうね。

どの方法でも立場や場面、そして自分があいさつされる場合だったら許せるか許せないかを

考えながらあいさつするのが一番ではないでしょうか。私は仕事柄なるべく直接会って

あいさつをすることを心がけております。相手によっては電話やメールでいいよと言う人も

居るのですが、やはり直接会って色々な世間話などもしながらという方法が

一番コミュニケーションも取れるのではないでしょうか。私の場合ですが勤務先でまず、

おはようございますおはよう」のあいさつで始まり「1日よろしくお願いします」「行って来ます

お帰りなさい」「ただいま戻りました」「お疲れ様です」「お先に上がりますお先に失礼します」と

あいさつがあります。ただこれは基本的なあいさつです。

多いところではもっとあいさつをしていることでしょう。

そして日中は取引先などで「こんにちは」「お邪魔しますお邪魔しました」「よろしくお願いします

とあいさつ、あいさつの連続です。ちょっと思い出しただけでもこれだけのあいさつがあるのですから

スタッフ数、訪問数が多ければ多いほどあいさつを交わしてることでしょう。

これだけあいさつを交わしているとどこかの取引先ではちゃんとあいさつ出来ていたかな?とか

取引先の人は自分のあいさつをどのように評価しているのだろうか?

など気になることが時々出てきますね。
posted by yasu at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

あいさつ

みなさんは1日に何回あいさつというものをしていますか?


しつけに厳しいご家庭であれば家族同士で「おはよう」のあいさつから始まり夜寝る時の

おやすみなさい」のあいさつで終わりますよね。

私の家庭ではそこまで厳しくはしていないのであまり家族同士で「おはよう」の

あいさつはありません。

本当はちゃんと「おはよう」とあいさつしなければいけないとは思うのですが

ギリギリまで寝ていたい」とか「髪の毛のセットに時間が掛かるからそんな時間ない」と

あいさつ出来ない理由をたくさん並べるだけです。

まぁあとは年頃の子供だと恥ずかくて家族同士のあいさつなんてという理由もあるでしょうけどね。

一歩外に出た途端に家庭では見せない笑顔で近所の人とあいさつをしてるのを見て複雑な気持ちに

なるのは何故なのでしょうか?

家でもあんなあいさつしてもらいたいなぁという気持ちと外ではちゃんとあいさつ出来るんだという

安心感なのでしょうか?

外に出てあいさつ1つ出来ないのでは困りますからね。

笑顔であいさつは基本ですよね!

笑顔であいさつをされて不快になる人は居ないでしょうし。


最近私は昼食でお店に入ることが多いのですが食べ終えて店を出る時に何のあいさつも言わずに

出て行く人を見て首をかしげました。

お客なんだからペコペコする必要ないじゃん」と言う人も居るかも知れませんが

やはり料理を作ってくれた人に感謝の気持ちを込めて「ごちそうさまでした」というあいさつは

してもらいたいですね。

このような基本的なあいさつが出来ない人達が社会に出て経済を動かしているのでしょうが

あいさつから崩れ出して後々大きなことになるんですよね。

青少年の犯罪もこのようなあいさつができないことの積みかさねが原因ではないでしょうか。

我が家ももう少しきちんとあいさつを徹底しないといけないですね。

タグ:あいさつ
posted by yasu at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。